--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
人気ブログランキングの応援お願いします。ちょっと押してくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
プチッとクリックしてくれるとうれしいです。
2010年08月01日 (日) | Edit |
自律神経って、言ったら、すぐに「自律神経失調症」を思い浮かべる人も

多いと思います。

でも、自律神経全般についても知っておくことも大切ですね。

今日は、自律神経についてのレタ-です。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
人気ブログランキングの応援お願いします。ちょっと押してくれるとうれしいです。

自律神経は、自分の意志とは関係なしに、身体の中で心臓や胃腸、血管、

子宮、膀胱、分泌腺などを支配しており、それらの働きを制御している神経

といわれています。


私たちの生命を維持する上で欠かすことのできない機能を、脳からの指令を

受けることなく、自律神経によってコントロ-ルしているのですね。


自律神経には、ご存知のように交感神経と副交感神経との相反する2つの

神経があり、普段はこの2つの神経がバランスよく行われてします。


しかし、精神的なストレスやホルモン分泌のアンバランス、激しい運動など

の身体のストレスなどにより、めまいや動悸、肩こり、頭痛、不眠などの原

因のはっきりしない身体の不調を訴えることがあります。


これらの症状があり、どこか調子が悪いけど、かといって検査しても特に

病気でもないと診断されて、それは自律神経失調症と言われることがあります。


自律神経失調症はさきほどの交感神経と副交感神経のバランスがうまく行われ

ないときに起きると言われています。


でも実際には、誰でもストレスが多く溜まったり、ストレスが持続していると

身体の不調を訴えるときがありますよね。それだからといって何でも自律神経

失調症とはいえないと思いますね。


ただ、自律神経のバランスが乱れるときは、このように過度なストレスだけで

なく、生活の不規則な状態が続いたり、栄養バランスの悪い食生活をしていたり

すると、なるようです。


そこで、このような自律神経のバランスを普段から正常に保つためには、

ストレスをできるだけ溜めないことはもちろんですが、普段からインスタント

食品やファ-ストフ-ドなどを食べない食生活をすることが必要ですね。


また、ストレス対応に強いビタミンB群、ビタミンC、またビタミンAまた

ビタミンEは、自律神経をコントロールし、症状を緩和させる効果があると

いわれていますので、サプリメントや食べ物などで出来るだけ多くとるように

しましょう。


とかく、季節の変わり目や今の地球の異常気象による気温の変化などに、次第

に対応できなくなってきている人が多くなっているようです。


普段から、注意しながら、サプリメントやきちんとした食生活をしていると

そのような気温の変化にも対応ができると思います。


このくそ暑い猛暑にも毎日頑張っていきましょう。


今日も私のレタ-をお読みいただき感謝しております。

またいつもご訪問していただきありがとうございます。


いつも笑顔でいれば幸運が訪れます!!

次回もまた訪問して下さい。お待ちしています。よろしくお願いします。


人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
プチッとクリックしてくれるとうれしいです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。