--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
人気ブログランキングの応援お願いします。ちょっと押してくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
プチッとクリックしてくれるとうれしいです。
2010年08月16日 (月) | Edit |
現代社会は多くの人がストレスを感じ、夜眠れないという人が多くなって

睡眠薬や精神安定剤をもらって飲んでいる人も多くなってきているようです。

今日は、その睡眠薬と精神安定剤に関するレタ-です。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
人気ブログランキングの応援お願いします。ちょっと押してくれるとうれしいです。

人間は一般的に睡眠時間が6時間以上寝れば十分だという人もいますし、

また、最低7時間以上の睡眠をとらないとダメだという専門家の人もいます。


こればかりは、本当にその人にあった睡眠時間があると思います。


ただ、ひとついえることは、睡眠時間が短い人は、どこかでその足りない

睡眠時間を補給していますね。昼間10分~15分に睡眠するとか。


毎日一定の時間に寝て、一定の時間に起きていれば多少睡眠不足であっても

大丈夫ではないかと思いますね。


しかし、睡眠を十分とろうにも強いストレスがあったり、悩みごとを抱えて

いると、どうしても十分な睡眠、快眠はできなくなります。


私も一時期精神安定剤をもらって飲んだ経験があります。


その時は国家試験の受験をしていたときでしたが、安定剤を飲むとくせに

なるといわれて、変にこわくなってなってやめた記憶があります。


でも実際には、くせになるかどうかはわかりませんが、1回飲みだすと

それを飲むと安心して、睡眠できなかった人が睡眠できるようになる

という、それなしではいられないというようなことはあると思います。


人間の心、精神は弱いもので、強いストレスが起きてどうしようもないとき

には、何かしら頼りになるものが必要になってくるのですね。


そういう意味からして、私は睡眠薬や精神安定剤の必要性は否定できないと

と思っています。


もちろん、できれば睡眠薬や精神安定剤の頼りにならずにいられれば、

それに越したことはありません。


毎日眠れないことほど、怖いものはありませんが、私は眠れないとき

には、それがなぜ眠れないのか、原因を探して、その原因を解決してくれる本

を探した時期がありました。(自己催眠術の本を買って試した時もありました)


例えば、ある悩みを抱えてそれが原因であれば、その悩みを少しでも解消

してくれる本、またその悩みに打ち勝つような励ましをしてくれる本、一緒

に悩みをともにしてくれて励ましてくれる本などを探して歩いたときもあり

ました。そして、寝る前にそのような本を読んでから寝るのです。


そうすると、不思議に段々眠れるようになってきます。


精神安定剤などの薬に頼っていても一時的なもので、結局は、いつかは自分で

少しづつでも自分が抱えている悩みや起きているストレスを解決していかなけ

れば、いけませんからね。


薬を飲んでいるいる間に解決すればそれでもいいのですが。


でも解決してもまた怖くなって薬に頼るということにもなると思います。


昔からいろいろな人がいろいろ不眠症や夜眠れないことに悩んでそれを解決

している人がたくさんいます。昔からみんな同じような悩みを抱えているの

ですね。


不眠に陥ったときは、自分でいろいろと試してみることをお勧めします。

また、睡眠法のコラムも参考にしてください。


普段から、いらいらやストレスを抑制するビタミンCやビタミンB6や

マグネシウムなどのサプリメントやハ-ブティを飲むこともよいと思います。


今日も私のレタ-をお読みいただき感謝しております。

またいつもご訪問していただきありがとうございます。


いつも笑顔でいれば幸運が訪れます!!

次回もまた訪問して下さい。お待ちしています。よろしくお願いします



人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
プチッとクリックしてくれるとうれしいです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。